泡洗顔が肌にやさしいと聞くものの、なかなか上手く泡が立てられないものです。

そこで、ふわふわ洗顔ホイップの方法が紹介されていました。

まずは、手をきれいにすること。

手を洗って油分や汚れを落とすことが大切で、手にこれらが残っていると、せっかく泡立てても泡がすぐに消えてしまう原因になるそうです。

そして、たっぷり差し水をすること。

泡が立ち始めた後、何度か水を足して、どんどん泡立てましょうと。

水を入れると泡がなくなりそうと思いがちですが、そんなことはなくきめの細かいもっちりとした弾力のある泡になるのだといいます。

それから、空気を巻き込むように手を動かすこと。

洗顔料をのせた手のひらは、器のように少しくぼませることがポイントで、泡立てるほうの手は丸めずに力を抜いて、指先を泡だて器のように動かすのだそうです。

空気を含ませるよう、巻き込むようにするといいのだといいます。