歯を白く保つ超簡単なポイントがあげられていました。

歯の色は食べ物の好みや生活習慣によっては着色汚れがつきやすくもなりますが、ちょっとのコツで清潔感のある口元はキープできるのだといいます。

ポイントとして、まず、水をよく飲む。

こまめに水を飲むことで口の中を潤わせておくと、多少の飲食物では歯に色が付きにくくなる効果があるということです。

次に、唾液を出す。

唾液の分泌をスムーズにすることで歯に着色汚れが付きにくくなるうえ、口臭の予防にもなるのだとか。

食事をよく噛む、梅干しやレモンなどの酸っぱい食品を積極的に摂るなどして、唾液を分泌しましょうと言っています。

また、口呼吸の人は、鼻呼吸に切り替えることで、口の中が乾きにくくなるだけでなく、呼吸が深くなったり、血行が良くなるなどのうれしい効果もあるそうです。

その他のポイントとして、歯ブラシは乾いた状態で、磨きすぎにも注意、ということでした。